ギターの種類|初心者の為に

ギターの起源は紀元前までさかのぼりますが、
ここでは中世期に使用されたリュートから現在のエレキギターまでを説明します。

現在は多種多様になり迷われる事が多いので殆どのギターの種類を説明します。
ギターにはピックを使用するものと直接指で弾く方法があります。
ギターの種類によって違います。下記のような形をしたもの(他にもあります)がピックです

基本的にスチール弦のギターはピック奏法、ナイロン弦は指で弾きます(絶対ではありません)。

チャランゴ、ウクレレ、バラライカ等の民族的な楽器を説明すると
キリがないので、ここではひかえておきます

class=""








リュート:ガット弦 指で弾く|ギターの前形

中世期からバロック時代に使われた楽器です。
ヨーロッパ中心に栄えました。
どちらかと言えば、宮廷で弾かれた楽器です。

リュート奏者は位は高かったと思います。
昔はナイロンがなくガット(羊の腸で出来たもの)弦を
使用していました。

ガリレオガリレイのお父さんはリュート奏者でした。
今も曲が残っています。

ガット弦は弱く爪を伸ばして弾くギター演奏家には
弾けません。切れます。

日本人でリュート奏者として世界で活躍されている
佐藤豊彦」氏が有名







 

フラメンコギター:ナイロン弦 指で弾く

クラシックギターと同じような形ですがゴルペ板という指で
叩くところがあり叩きながらギターを弾きます。

左図のように白いゴルペ板なら分かりますが
透明のゴルペ板も多く、ぱっと見ただけでは分かりません。
クラシックギターとは音色は全く違います。

踊りの伴奏(リズム)だけならメロディを弾く必要がなく
弦がビビるように 作られていましたが、
最近はメロディックな曲も弾けるように
クラシック的な音色を意識した楽器が多いです。

弾くほうの指(右指)は爪を伸ばさないと弾けません。
基本はフラメンコダンスの伴奏やカンテ(唄)フラメンコ
の伴奏をするものです。

近年は踊りのリズムだけでなくギターが主体に演奏され、
パコデルシア(2014没)がその世界を変えた有名な
ギタリストで す。
現在もパコに続くギタリストが続出しています。

パコの言葉に「観客がいくら絶賛しても自分が納得しないと
本当の演奏でない」と、、、心にしみます


 

"




フォークギター:スチール弦 ピックで弾く

元はウェスタンギターから出来たもの。
カウボーイミュージックが中心だったんだろうと思います。
ハンクウイリアムスが有名。

1960年代にベトナム戦争が勃発。
多数のアメリカ兵がベトナム捕虜に なっているところを
ジョンバエズという歌手が反戦を訴えて敵地で歌った ところ
多くのアメリカ人捕虜が涙を流したと言う話を聞いたことがあります。

そのとき使用されたのが少し小ぶりのフォークギター
という名になったの かもしれません。 
ジョンバエズの「ドナドナ」が有名。

その後、日本でもフォークギターのブーム到来し、
反戦歌を中心に流行りました。
南米ではフォルクローレって言いますが
意味は「民謡」のようです。関係があるのかないのか。






アコースティックギター

ナイロン弦は指、スチール弦はピックでと思ってましたが、
左記のアールクルーがスチール弦を指で 弾き
フュージョンと言ったらいいんでしょうか
お洒落な曲を弾き始めました。

私はNYのとあるJazz festival出場 した時に目の当たりに
それを聴くことが出来ました。カッコエエーの一言。
なんかその辺からアコースティックギターの 名前を
聞くようになった気がします。

「アコギ教えたはりますか?」て電話があり
わざと「ワシはアコギな事してへん」って答えたら
電話をプツンと切られたことがありました(笑)
短縮言葉のアコギと言う日本語は使いたくないです。






エレキギター:スチール弦 ピックで弾く

ロックでおなじみのエレキギターです  電気で増幅し
エコー、コーラス、フランジャーetc、、、で
音色を変えていきます。
音を楽器単体で響かせる共鳴板はありません
ベンチャーズやビートルズ以来当たり前の楽器になりました


下記のようなエレアコ(日本語)も登場


クラシックギター:ナイロン弦 指で弾く(爪を伸ばし)

これが私の教室で教えているギターです(リュートの後継種)

ま、簡単に言えば歌と伴奏を全てこれ一台で 弾けるって事
古典音楽だけでなく用途は広いです



下記はバルベラ氏
若い頃、氏に講習会で「ムイ ビエン」ってホメられ
ギターをやる気にさせられた方

カッコエエ男前!!



Jazzギター:スチール弦 基本はピックで弾く

エレキと違い共鳴板(箱状)で成り立っています
そして電源を利用して音を増幅させます

エフェクトはエレキほど音を変化させず
リバーブ位しか音色を変化させません
下記は指で弾いておられます



ボサノヴァギター:ナイロン弦 指で弾く

クラシックギターで弾かれることが多いです

中南米ではボサノヴァやサンバのギタリストが沢山おられます